アヌラーダプラ

およそ2500年前のスリランカ最古の都市。 コロンボから206kmの北部中央州に位置し、数々の仏教遺跡はもちろん、現在も利用されている灌漑施設などシンハラ王朝の高度な技術が数多く残されている。 ブッダが悟りを開いたと言われる菩提樹の分け木であるスリー・マハー菩提樹は、樹齢2300年を超えており、今なお世界中から巡礼者が訪れている。 通称「ロック・テンプル」と言われるイスルムニヤ精舎は、天然の岩を彫るように造られた寺院で、本堂では華やかな涅槃像、宝物殿では「恋人の像」などが見られる。 その他にも美しいムーンストーンや、スリランカの三大仏塔のひとつであるアバヤギリ大塔を含む巨大な仏塔が散在しており、見どころは多い。 1982年、ユネスコ文化遺産登録。

最新ニュース

お客様のコメント